西荻窪の整体・交通事故治療をするなら

  10:00

12:30
14:00

20:00

9:00

~12:30

14:00

~18:00

× ×
休診日 日曜・祝日

  西荻窪駅 南口 徒歩7分

tel.03(5941)9799

予約は必要ありません。

来院順にご案内いたします。

usa@usachan2010.jp

交通事故による頚部損傷


交通事故で一番多いのが首(頚部)の損傷です。有名なむちうち症(頚椎捻挫)以外にも、重大な損傷を受けることがあります。ここでは交通事故による頚部損傷について、ご説明いたします。

バレリュー症候群

頚部捻挫の一つで、めまいや耳鳴り、眼のかすみや視力低下、脈の乱れや息苦しさ、かすれ声や喉の違和感、重い頭痛や注意力散漫などの自覚症状が起こります。交通事故などによる首の損傷で、自律神経の交感神経が損傷を受けて発症し、脳脊髄の血流低下や自律神経の不調が原因といわれています。 バレリュー症候群はレントゲンでも特定できないため、病院でも治療が遅れることもあります。

椎間板ヘルニア

神経根症の一つで、筋力低下や筋萎縮、鋭い痛みや知覚障害、痺れや脱力、手先の冷えや重苦感などが起こります。ひどくなると立っていられなくなり、嘔吐を繰り返すこともあるようです。椎間板にある骨核の一部が飛び出て神経根を圧迫し、まれに脊髄まで圧迫するのです。交通事故で椎間板ヘルニアと診断されるのは少なく、しっかりした検査やMRI写真撮影で異常を確認する必要があります。 また、事故との因果関係を認め、診断書を出してくれる信頼できる医師を探しましょう。さらに神経根症状誘発テストの診断書も、後遺障害認定に有利になります。

脳脊髄液減少症

脊髄症の一つで、麻痺や痺れ、膀胱や直腸障害による失禁や便秘、手の痛みや激しい頭痛、疼痛や全身倦怠感などが起こります。脳脊髄液は髄液とも呼ばれ、脳や神経の栄養補給や老廃物排出を行い、外部の衝撃から守るクッションの役割を果たしています。これが交通事故の影響で生成量が減ったり、外部に流れ出たりすることで発症するようです。脳や首部分の損傷も発症していることも多く、歩行障害や知覚障害を引き起こすこともあります。 未だに不明部分が多い症状ですが、基本的に治る病気です。完治に向けて医師と相談しながら、リハビリや接骨院を活用することになります。

当院は西荻窪にある接骨院です。交通事故による後遺症にお悩みの方は、ぜひ当院にお越し下さい。整体やスポーツマッサージといった施術にて、健康回復のサポートを行います。